アルカリ電解水の専門会社【AQUXIA- Technology】

強アルカリ電解水はカビに効くの?効果と使い方について解説します

UmedaMotoe
by UmedaMotoe
この投稿のコメントは受け付けていません。



「強アルカリ電解水ってカビに効くんだろうか?」


「アルカリ電解水でカビを予防できるって本当?」

「アルカリ電解水での掃除の実例、方法は?」


アルカリ電解水は基本的にカビに有効です。ただし、尿石や石けんカスなどのアルカリ性の汚れと絡むとアルカリ電解水では汚れを落とせなくなります。


このブログではこれらの質問にまとめて回答し、強アルカリ電解水での効果的な除菌方法を説明していきます。この理論と方法論を知ることによって、除菌レベルの高いカビの除菌のみならず防カビをすることも可能になります

カビが発生する原因

カビは栄養となる汚れ、温度、湿気がそろった環境が発芽し成長します。

カビの成長のしかた

そもそもカビとは「真菌類」というグループの「糸状菌」という糸状構造の微生物になります。小さな胞子に始まり、植物のように発芽し、細胞分裂しながら成長します。


やがて菌糸が十分に伸びて成熟すると、新たな胞子を作って空気中に舞い上がり、動物や鳥、昆虫についたり、風によって移動して新たな場所に着床します。

カビは日常生活の至るところにいる

カビの素となるカビ胞子は私たちが生活している空間の至るところに浮遊し、汚れ、温度、湿気がそろった場所に降りたち、成長および繁殖するのです。したがって汚れ(栄養)・温度・湿気がそろっている、お風呂やトイレなどでカビが発生しやすいのです。


カビが人体に与える健康被害

カビは意外にも健康に影響を与えやすい菌になります。風邪をひきやすいなどの症状がありませんか?もしかしたら、その症状はカビが原因かもしれません。カビが原因の健康被害と詳細について説明していきます。

感染症:気管支肺アスペルギルス症

主に布団やカーペットやエアコンが発生源で、疲れが蓄積して免疫力が低下しているときにカビを大量に吸い込むことで感染します。主な症状としては発熱、咳、呼吸困難が見られます。カビの健康被害としては世界中で一番感染例が多く、日本でも多いように思われます。

胸部CT
引用:亀田総合病院 URL:http://www.kameda.com/pr/pulmonary_medicine/post_32.html


アレルギー:気管支炎喘息

主にダニが原因で発症しますが、カビによる原因も多いです。人間が吸い込んだカビが気管支を刺激して気管支炎を引き起こすことがあります。症状としては粘液を作るために咳こんだり、胸の圧迫感などです。

中毒症:食中毒

カビが作るカビ毒(マイコトキシン)が原因でなります。よくある状況としてはカビが生えた食品のカビ部分を削った場合に起こります。一見カビがないところなので大丈夫そうに見えますが、カビ同士が結合していない小さなカビを食べてる可能性が高いのです。

カビが発生したトウモロコシ
引用「食品開発分析センター」URL:http://www.mac.or.jp/mail/070701/index.shtml

強アルカリ電解水でのカビ除去のススメ

なぜカビの除去には強アルカリ電解水がカビ掃除におススメかと言いますと。。。。

●カビの除菌

●カビの成長原因である汚れ(栄養)の取り除き

●防カビ効果


。。。。の特性があるからです。それぞれの特長について説明をしていきます。

カビの除菌

ph11.5以上という強アルカリ電解水の性能が赤カビや黒カビを除菌します。なぜなら、カビぼ生息範囲はph(水素イオン濃度)およそph1~10だからです。したがって、ph11.5以上の強アルカリ電解水をカビにかけるとカビは死んでしまうのです。

カビの成長原因である汚れ(栄養)の取り除き

強アルカリ電解水自体に洗浄力があるので、カビの成長要素である汚れ(栄養)つまり油脂分やタンパク質を乳化及び鹸化させるのです。また水がマイナスの電気(電子)をもち、プラスの電気(負の電荷)をもつ汚れの成分と洗浄対象物に働きかけマイナスの電気を持たせることで、お互いに反発させ、汚れを洗浄対象物から離脱させるのです。

防カビ効果

Ph11.5以上という環境を洗浄したモノの表面で作り、また洗浄力で栄養素を洗い流すのでカビが成長しにくくなるのです。

カビ発生の実験をしたところ、実際に食パンを直接アルカリ電解水にスプレーした実験では水道水が数日でカビが生えたのに対して、強アルカリ電解水の方はカビが生えないのです。これは化学物質で防カビをしているのでは、強アルカリ電解水の高pHの効果なのです。

水道水を吹きかけたことによるカビが生えたパン(イメージ)


使用上の注意

カビには有効な強アルカリ電解水ですが、弱点もあります。これから説明する使い方には注意しましょう。

アルカリ性の汚れとセットのカビは落とせない

いわゆるトイレ汚れの代表格としてよく見る尿石やお風呂場の汚れである石けんカスなどと絡んだ黒カビは落とせない可能性が高いので注意しましょう。

こうなったら塩素系洗剤の方が有効です。ただし塩素系洗剤はカビの細胞を酸化させて除菌しますが、人間の皮膚や除菌対象物も酸化させてしますので、取り扱いには注意しましょう。また頻繁に使うのも、除菌対象物が傷んでしまう可能性が高いので避けたほうがよいです。

塩化ナトリウム由来の強アルカリ電解水の場合は金属に使用できない

塩化ナトリウム(いわゆる塩)含有のアルカリ電解水は金属をサビさせるので、金属に付いたカビを除去するときは使用しないほうがよいでしょう。塩は空気中の水分を集め、金属を腐食するのです。



強アルカリ電解水の各清掃箇所での具体的な防カビ効果

強アルカリ電解水の各掃除箇所での、強アルカリ電解水の使い方について説明します。

トイレ

赤カビに対しては、強アルカリ電解水をスプレーし、布などで拭けば簡単に落ちます。ただ赤カビ自体は人体への影響は少ないのですが、黒カビの栄養源となるので、見つけたらすぐにふき取りましょう。


黒カビに対しては、尿などのアルカリ性の汚れと混ざっている場合は強アルカリ電解水では落ちません。最初にアルカリ電解水をカビとその周りに吹きかけ汚れを取ってください。

トイレ壁の赤カビ

このときにカビが落ちないようだったら塩素系洗剤を使用して黒カビをおとしてください。黒カビを落とした後はさらに強アルカリ電解水で残っている汚れやカビ胞子を洗い落としてください。

強アルカリ電解水でのトイレ掃除の詳しい方法は⇒強アルカリ電解水でカビ・細菌・ウィルスが繁殖しにくいトイレにしよう【掃除方法・注意点】

お風呂

基本的にはトイレと同じ使用方法になります。赤カビに対しては、強アルカリ電解水をスプレーし、スポンジで擦れば簡単に落ちます。黒カビに対しては、こちらも石けんカスなどのアルカリ性の汚れと混ざっている場合は強アルカリ電解水では落ちません。

お風呂マットについた黒カビ
強アルカリ電解水で黒カビを洗い落としたお風呂マット

最初にアルカリ電解水をカビとその周りに吹きかけ汚れを取ってください。このときにカビが落ちないようだったら塩素系洗剤を使用して黒カビをおとしてください。黒カビを落とした後はさらに強アルカリ電解水で残っている汚れやカビ胞子を洗い落としてください。

エアコン

フィルター、パネル、熱交換器、ファンなどのどのような箇所も基本的には強アルカリ電解水をスプレーして軽く擦ればホコリ・黒カビなどの汚れは落ちます。強アルカリ電解水で清掃することにより、カビが発生しにくくなります。

また、炭酸カリウム含有の強アルカリ電解水で洗浄した場合は金属に不働態膜というものを形成しサビにくくする効果があります。

基本的には強アルカリ電解水を全体にスプレーして乾いた布で2~3回拭いてください。
ただしカビが落ちない場合は、アルコールで畳の汚れを浮かしてから、強アルカリ電解水でその汚れを洗い流す形で使用してください。

畳は青カビ、黒カビ、赤カビなど様々な種類のカビが生える可能性があり、黒カビとアルカリ性の汚れが絡んでいた場合、強アルカリ電解水では洗い落とせない場合があるのです。

最後に扇風機等を使い、畳をよく乾燥させましょう。


普段使いは強アルカリ電解水で。塩素系除菌剤は最後の手段で

強アルカリ電解水でのカビ対策について解説をしました。


まとめますと強アルカリ電解水である程度のカビは落とせますが、アルカリ性の汚れと絡んだカビはおとせないので、そういう場合は塩素系除菌剤やアルコールなどで取り除いてください。ただしこれらは洗浄対象物を傷めるので最後の手段として使用してください。普段からあまり使用しないでください。

強アルカリ電解水を効果的に使用し、カビの生えにくい環境づくりをしましょう。


この記事を共有する

コメントは締め切りました