アルカリ電解水の専門会社【AQUXIA- Technology】

オリコンやパレット、実はウィルスの巣窟になっている?

UmedaMotoe
by UmedaMotoe
この投稿のコメントは受け付けていません。

 ここ最近、オリコンやパレットを洗浄する会社が増えてきました。コロナ禍が原因ではあると思いますが、私は非常に良い傾向だと感じています。

 物流の仕事に従事したことない方は「オリコンって何?」って思う方が多いかと思います。説明しますとプラスチックでできた折りたためる箱になります。


 またパレットは荷物を載せるための荷役台。スノコのような形状のデッキボードになります。「差し込み口」にフォークリフトのツメを差し込めば持ち上げることができ、荷役・運搬・保管の現場で使われています。

汚れとウィルスの巣窟になっているパレット・オリコン

この物流効率化の道具であるオリコンやパレット、実はかなりの汚れが付いているのです。各物流センターによって状況は違いますが、多いケースだと各家庭に配達してまた返してもらって汚れが目立たない限り洗浄しないで、また各家庭に配達するのです。

 また実はこのようなオリコンやパレットはウィルスの巣窟にもになっている可能性が高いです。ウィルスが汚れを餌に増殖するからです。またウィルスはプラスチックの表面では2~3日感染力を保ちます。

 年に1回、2回と決めて外部の洗浄会社に委託してオリコンやパレット洗浄してもらっているか、汚れが目立ったら自社で拭くというケースが意外にも多いためです。

オリコン・パレットを除菌する方法は?

 ウィルスのリスクを避けたいならば、配達先から戻ってきたとき、最低でも中性洗剤などを混ぜた水で洗浄を行ったほうがよいでしょう。除菌が出来ればベストです。

 今までにかからなかった経費が必要になりますが、コロナ後も洗浄や除菌の必要性が問われてきますので、投資をしたほうがよいです。お客様に安心を提供でき、目には見えませんが最終的には売上げに貢献できるでしょう。

おススメの洗浄方法

洗浄する方法として、手で拭く方法などがありますが、機械洗浄の方がおススメです。時間と人件費がかかってしまいますが、最終的にはコストが削減になります。

 ある程度水圧が強いノズルで温度50℃~60℃ぐらいの水で洗浄すれば目に見える汚れは大体、落とすことはできるでしょう。除菌は次亜塩素酸水で行ってください。アルコール系はプラスチックの材質によって溶ける可能性があります。

 洗浄、除菌の2工程になるとオーダーメイドの機械の場合、価格が高くなるので強アルカリ電解水を使用して洗浄と除菌を同時にする方法もあります。

強アルカリ電解水について詳しくはコチラ


 洗浄機については様々なメーカーが様々な洗浄方法と洗浄剤を提案してくれますが、情報の引き出しが多く、コンサルタントしてくれるような会社がよいでしょう。



この記事を共有する

コメントは締め切りました