ハンドソープでアレルギー!?

UmedaMotoe
by UmedaMotoe
この投稿のコメントは受け付けていません。

 皆さん、手洗いの時にハンドソープを使っていますか?ハンドソープとは液体状でポンプボトルから出てきたときに泡状になるアレです。(泡にならないモノもありますが…)

 実はこれ、商品名はハンドソープになっていますがいわゆる石けんではないのです。

それではせっけんとハンドソープはどう違うのか?まず石けんは天然油脂や脂肪酸を苛性ソーダと混ぜて煮て固形にしたものになります。

いわゆる自然素材で人間の皮膚に対して刺激がありません。皮膚を通して体内に入り込む力がないので赤ちゃんが使っても安心・安全なのです。

 対して日本でいうハンドソープは合成洗剤なのです。いわゆる自然界にない合成界面活性剤を主成分とした石油などの原料を化学的に合成したモノになります。汚れと反応しても消えることなく、排水しても水の中で浮遊し続けます。

 当然のことながら使用量が多かったり、成分によっては皮膚を通して有害物質が体に蓄積され、かぶれやアトピー性皮膚炎を引き起こすのです。特に抵抗力のない小さいお子様はこのようなアレルギー症状を起こしやすいのです。

 世間ではコロナウィルス禍で手洗いが有効と謳われていますが、このような落とし穴もあるのです。

 それではハンドソープと石けんをどのように見分けをすればよいのでしょうか?それは簡単です。表示されている成分表を見ればよいのです。

引用:「シャボン玉せっけん」https://www.shabon.com/message/index.html

つまり石けんと表示されていなければ合成洗剤と考えてよいです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました