アルカリ電解水の専門会社【AQUXIA- Technology】

酒造やワイナリーの改築、実は食品工場が一番適している?

UmedaMotoe
by UmedaMotoe
この投稿のコメントは受け付けていません。

 ワインや酒造の立ち上げの時に醸造する場所をどうしようか?という問題が出てきます。言わずもがな、お金と時間があれば新築が一番よいでしょう。

 しかしやはり金銭面で新築が難しいという場合が多いかと思います。そういう時は選択肢としてまず廃業した日本酒造やワイナリーの施設をそのまま借り受けるか購入すれば、新築より費用を抑えられます。

 ただし、この場合は交渉次第ですが、新築ほどではないですが費用もそれなりに掛かってきます。またワイン特区で起業する場合、廃業した醸造所がない場合が多いのではないでしょうか?

 次に倉庫や工場などを改築して作る方法があります。実は改築を目指すなかでも一番理想的なのは、現在使用していない小規模な食品工場なのです。

 なぜなら、そのような食品工場は、以前使用していたという実績があるため、保健所から営業許可を取りやすいのです。

 最大のメリットとして、たいがいの食品工場は排水口があるので、ホースで水をジャブジャブ流して、床をブラッシングすることが出来るので、設備をいつも清潔に保つことができるのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました